JAPANtk’s blog

中国人旦那との暮らしや趣味について書き残す気まぐれブログです♪

過去5年間の国籍取得者・離脱者・喪失者の推移と中国人帰化許可者数の割合

外国人が帰化している人は何人いるのだろう?

気になったので法務省に電話して調べてみた!!

f:id:japantk:20170703165722j:plain

過去5年間の日本国籍取得者数(緑)

平成24年 1,134名

平成25年 1,030名

平成26年 1,131名

平成27年 1,089名

平成28年 1,033名

昨年は約1,000人が日本人になったということ!

過去5年間の日本国籍離脱者数(青)

平成24年 262名

平成25年 380名

平成26年 603名

平成27年 518名

平成28年 613名

 過去5年間の日本国籍喪失者の推移(赤)

平成24年 711名

平成25年 767名

平成26年 899名

平成27年 921名

平成28年 1,058名

法務省のHPから引用

 

「国籍離脱者」の意味合いが不明だったので、法務省に電話して聞いてみた。

例としては、元々生まれながらに二重国籍を持っている人なんかが、「片方の国籍で生きていきたいので、片方は無くしたいです」と事前に届け出をした場合。

日本は二重国籍が認められていないと思っていましたが厳密には、"国籍は1つが望ましい"ということ。もう片方の国の法律もあるため日本の法律だけではバチっと決められないそうです。よく22歳までにはどちらの国籍にするか選んでね。という話があるそうですが、そこでどちらかを選択した場合、この離脱者数に反映されるとのことでした。

 

国籍喪失者」とは、例として日本人が外国籍帰化し、「国籍がなくなりましたよ~」と事後報告を受けたものに該当するとのこと。

昨年は約1,000人の日本人が、外国人になったワケである。推移をみると、外国人が日本国籍取得する人数の方が多いですね。

 

中国人帰化許可者数の推移

f:id:japantk:20170703163947j:plain

 中国人が日本への帰化申請をして、許可が下りた人数。

平成28年は2,626名が認可されているようだ。昭和42年の4.5倍である。

 

帰化申請許可者数の全体と中国人(オレンジ)の割合

f:id:japantk:20170703163953j:plain

 平成28年の全体許可者数は9,554人。1万人近い外国人が帰化を認可されている。そのうち中国人は約3割前後だろうか。それにしても昭和48年の数値が高すぎてまた気になる・・・。

 

日本人になりたいと思ってくれる外国人がいることは、個人的には喜ばしいことだと思う。旦那さんも、結婚式で親族が来るときに「自分が中国に戻らない理由が分かると思う」と言っていた。日本人として生まれ育っていることに有難味を感じるいい機会でした。

 

 

笑顔の引き出し上手!!カメラマン早川潤さんご紹介

f:id:japantk:20170623131034j:plain

椿山荘での結婚式。カメラマンは友人紹介の早川さんにお願いしました。

私も旦那も、友人・家族にも当日の早川さんの対応や写真の仕上がりには大満足そして大好評!!

心からお勧めしたいカメラマンションなので、詳しくご紹介させていただきます★

 

とにかく丁寧で親近感◎

f:id:japantk:20170623185047j:image

 「結婚式当日にはじめまして。じゃ、緊張してしまうから。」という心配りで、事前に挨拶と当日の打ち合わせを行いました。今回旦那のヘアメイクもお手伝いしてもらえるということで、早川さんと元々同じ式場の美容室店長さんも来ていただいて4人で顔合わせ。

初めてのことで緊張している私達を察するように、お二人は優しく丁寧に接してくださって、こちらの緊張もほぐれました~。

打合せのお蔭で、当日は早川さんと会うとホッとする自分もいました。「緊張してますか?」などよく声かを掛けていただいてメンタル面でもだいぶ助けてもらいましたよ★

 

 

臨場感ある写真◎

f:id:japantk:20170623124839j:image

”その場の雰囲気がそのまま生きている写真”を撮ってもらいました。楽しい雰囲気や、両親の寂しげな表情など。後から見返して涙が出てくるシーンばかり。

さすがプロ!!当たり前かもしれませんがさすがです!!!

 

笑顔の引き出しプロ◎

f:id:japantk:20170623184328j:image

新郎新婦、両親は写真を撮ることも多く、慣れない場にどうしても緊張しがちです。何度もカメラに顔を向けると表情が硬くなってしまいますが、悠長な掛け声で私たちを笑顔にしてくれました。「早川さんが撮るとみんな笑顔になる」と母親。

その場の雰囲気作りも大切にしてくれてありがたかったです。

 

人・写真が大好きな早川さん◎

f:id:japantk:20170623131045j:plain

 ↑完全に主観で書いちゃいました笑

一生懸命、楽しそうに撮影する早川さんを見ていて、本当に人・写真が好きな方なんだな、と感じました。「いい写真を撮ろう」その一心でカメラを構えているんだなと。そういう人に巡り合えて本当に幸せです!

 

二次会の集合写真、人数が多くてガヤガヤする中「お二人の為に良い写真をお届けしたいので皆さんご協力お願いしまーす!!」と声をからして叫んでくれていました。そんなカメラマン今まで見たことないっす!!

 

さいごに

 ちょっとカメラマンの概念が変わったかも。「素人じゃ撮れない良い写真を撮ってもらうためのカメラマン」だったけど、今回の結婚式は、早川さんも参加してくれてた感じ。(←ずっと一生懸命撮ってくれていたのにすみませんっ)

そのくらい私たちの中に入り込んでました。だからアットホームで素敵な写真に仕上がっているんだと思います。

 

結婚式や前撮り、ご出産などで写真撮影をご検討の方は、是非^^

心からお勧めします!

 

www.junphoto.jp

 

撮っていただいた写真・撮影の様子

f:id:japantk:20170623125217j:plain

f:id:japantk:20170623125243j:plain

f:id:japantk:20170623131003j:plain

f:id:japantk:20170623131039j:plain

f:id:japantk:20170623131050j:plain

f:id:japantk:20170623131059j:plain

f:id:japantk:20170625164710j:image

 

続編更新しました!!

japantk.hatenablog.com

【椿山荘結婚式】手作り★メインテーブルに添えた夫婦鶴

f:id:japantk:20170621141146j:image

メインテーブルを装花に加えて華やかに出来ないか。。出来るだけお金を掛けずに。。と考えてて思い付いたのが大きい夫婦鶴!

 

作り方

①100円均一でピンクとブルーの金箔入りの模造紙を購入。

②正方形にカットし、折り紙と同じ要領で鶴を二羽折ります。 

③造花を適当な長さにカットして角度を注意して付けていきますが・・花の重さでバランスが取れないので、鶴の中に発泡スチロールを入れて、そこに差し込んでいきます。

 

造花は針金なので刺せば固定されます★

式場の装花に比べると華やかさは劣ってしまうかも。色を金と銀で作ってもいいかも知れませんね♪♪

 

添える造花やグリーン選びは楽しいですよ~~♪♪

f:id:japantk:20170621141251j:image

f:id:japantk:20170621141310j:image

 

japantk.hatenablog.com

 

 

中国人が来日!!中国からみる日本の感想を聞いてみた。

結婚式の1週間前、旦那様の親族8名が日本に来てくれた。

みんなが日本に来て感じたことなどを聞いてみた。

 

①空気が綺麗

f:id:japantk:20170620230320j:image

これはもう一目瞭然。だって空が青いんですもん。地方に行けばもっと空気が綺麗だから、次回は是非故郷の長野に来てほしい。

 

②全体的に狭くてキュッとしてる。

f:id:japantk:20170620183424j:image

明らかに国土の差ですね・・。中国は日本の約25倍。日本は家も密集してるし道路も狭い。マンションから隣のマンションのテレビも見えちゃうんだから。北京の天安門前は12車線でもはや信号ではなく地下通路でした。

写真:年末に行った北京の天安門

③生の料理が多い

f:id:japantk:20170620230400j:image

サラダ、刺身など火を通さずに食べる習慣が中国にはないそう。日本はそれだけ新鮮な物を食卓に運べるという幸せな国なのだ!(←そゆこと?)

写真:築地で食べた中トロ丼。まいう~~~!!

 

④烏龍茶に氷が入ってるなんてあり得ない

居酒屋に行った時、氷入りの烏龍茶ジョッキを、誰も手をつけなかった。中国は身体を大切にする習慣。冷たい飲み物は身体を冷やすため、夏でも氷は使わないとのこと。温かいお茶を店員さんにお願いするとホッとした様子。

余談ですが、食べた後走っちゃダメとか運動しちゃダメとか、旦那様にしょっちゅう注意されます。身体に負担を掛けないように気を遣っている生活習慣のようです。

 

⑤店員の対応が丁寧

なんせ日本では、お客様は神様ですから。地元の木曽路(しゃぶしゃぶ・すき焼き屋)へ夕食を食べに行った時のこと。店員の女性が着物姿で接客をしてくれる様子を見て、表情が優しい、口調が優しい、とても丁寧だと高評価。

中国の接客といえば、、、よろしければこちらをご覧ください↓

japantk.hatenablog.com

 

無事に日本旅行を楽しんで帰って下さってよかった!

旦那も、自分が中国へ帰らない理由が伝わったかなとご満悦の様子。

みんなまた日本に来てくれますように^^