JAPANtk’s blog

中国人旦那との暮らしや趣味について書き残す気まぐれブログです♪

【椿山荘結婚式】国際結婚3つのスピーチ

f:id:japantk:20170606153823j:image

私の場合、ゲスト親族合わせて、日本人29名 中国人8名でした。実際に行なった披露宴の挨拶シーンの内容をご紹介します★

 

 

①ウェルカムスピーチ

新郎より日本語で挨拶後、中国語で挨拶。

新婦からはなし。

 

中国語では、挨拶と今まで日本で生活した頃の話や母国への思い、家族の事を交えて話をしていました。

親族の方々は大変感動されたそうです。

普段は離れていて、なかなか言えない想いだったようで、この機会に伝えられて本当に良かったと思いました。

 

日本人は勿論何を話してるか分かりませんが、表情や声のトーンは、聞いているだけでも涙を誘う空気になったと思います。

 

 

②両親への手紙

新婦から日本語

新郎のご両親、親族へ向けてのメッセージ部分は新郎通訳

 

手紙の最後には、「最後になりましたが、○○さんのお義父さん、お義母さんー…」という文章があると思います。

私は「親族の皆様」を追加して、1文話すごとに新郎に通訳してもらいました。

 

中国語で伝えられたら理想的でしたが、、そんなスキルは程遠くσ(^_^;)

安全な道を選びました選びました(´∀`)

 

 

 f:id:japantk:20170524144550j:image

 

③締めの挨拶

通常、新郎父親→新郎締めが一般的ですよね。

私の場合

新郎父親(中国語)→新婦父親通訳→新郎締め(日本語)でした。

新郎父親より事前に話す内容を教えてもらって、新郎が通訳した内容を、新婦父親が読み上げるという流れです。

 

両家の一体感が感じられて良い流れと雰囲気だったと感じてます。親同士が何度も会っていて仲良くしていたため、この共同作業も違和感なく実施ができました。

 

f:id:japantk:20170524144916j:image

 

以上、参考になれば幸いです(^^)