JAPANtk’s blog

中国人旦那との暮らしや趣味について書き残す気まぐれブログです♪

旦那さんが日本人になる!帰化許可後の手続きについて~前編~

法務局より連絡があり、帰化申請が認可されたとのこと!申請から丸1年。ようやくこの日がきました!つつついにっ

旦那さんが日本人になります!!

f:id:japantk:20170724182651j:image

というわけで、認可後の手続きについてご紹介します。

 

 

①法務局より許可通知を受け、後に郵送物が届く

電話で法務局の担当者より認可の連絡があり、2.3日後に下記書類が届きます。 ※法務局の現場によっては順序や内容が若干異なる可能性があります。

 

<書類の中身>

①中国国籍証明書(帰化許可の旨を記載・捺印済み)

予め帰化申請時に大使館発行後、法務局に提出していた書類。中央に帰化許可の記載及び捺印がされています。

f:id:japantk:20170719141741j:plain


帰化許可通知書

f:id:japantk:20170719141644j:plain

 

帰化後の手続きについて

f:id:japantk:20170719141003j:plain

 

②中国大使館へ中国退離手続きを申し出る

六本木にある中国大使館へ行きます。受付は午前中のみなので9時オープン前に行った方が良いそうです。この日は旦那さんと同じように日本国籍取得の人が居て、日本に来て5年目だそうです。そして帰化申請から許可が下りたのも丸1年。やはりそのくらい掛かるんですね。

<中国大使館での退籍手続きの処理>

→国籍証明書に、退籍手続き判子

→パスポート切られる・中国籍退籍判子

f:id:japantk:20170719142044j:plain

f:id:japantk:20170724184047j:image

 

③法務局へ・入国管理局へ必要書類郵送

簡易書留でそれぞれ送ります。現在2週間程度経過中。。その後は法務局より連絡があり、手続き完了に伴い法務局へ行きますが、しばらく経っても連絡がなければ法務局に問い合わせた方が良いそうです。(この手の申請関係は受動的だとどんどん遅くなるため、自ら動いた方が良さそうです^^;)

 今週中にでも法務局に問合せしてみる予定です。

 

今までは在留カード(日本にいる事を認められたカード)を常に持ち歩き、ビザの更新や在留資格に縛られてある程度限定された生活だったと思いますが、もう手ぶらでも逆立ちしても日本人です!!旦那さんの苦労や思いは計り知れないけれど、その点ではホッとしたんではなかろうか…。

国籍が変わるって凄いことだな…。

 

続きは後編でご説明します!!