JAPANtk’s blog

中国人旦那との暮らしや趣味について書き残す気まぐれブログです♪

4コマご挨拶

f:id:japantk:20170817152046j:plain

 

というわけで4コマ初めてみました。

ど素人なので試行錯誤…お見苦しいこともあるかと思いますが

気長に見てやってくださいませ。

 

よろしくお願いします★

広告を非表示にする

ついに日本国籍取得!帰化許可後の手続きについて~後編~

 書類提出から2週間、法務局から連絡がないので電話したところ・・

「あーそだねそだね、ちょっと待ってね~」と担当者。忘れてたんかーい!笑

 アポイントを取って最寄りの法務局へ行きました。 

japantk.hatenablog.com

 

 

法務局での手続き 法務局長より授与される

法務局の応接室によばれ、法務局長より下記の帰化者の身分証明書を一読の上授与されます。旦那さんは卒業式みたいだった~と興奮してました笑 国籍が変わるってそのくらい重いものですよね!

f:id:japantk:20170728163512j:plain

 この書類と、帰化届けをもってお次は市役所での手続きです。新たな名前での住民票を発行します。

市役所での住民票発行手続き

自宅から最寄りの市役所にて手続き。

持物・・・帰化届提出・印鑑(シャチハタ不可)

f:id:japantk:20170807152419j:image

全体で20分くらいかかりましたかね。住民票が発行されたのでそのまま運転免許証の変更に警察署へ行きました。パスポートをすぐにとる場合は、市役所で戸籍謄本の申請も一緒にやってしまうといいですね!

ちなみに、市役所では奥さんも同席と言われたので私も行きましたが、特に話すことなし。謄本の手続きで同席しましたが、旦那さんが答えられれば特に必要なかったかも笑

でもこういう手続き関係は出来るだけ一緒にやって、経験にもなるしどんな手続きがあるか知っておくのは大切だと思いました☆

 

帰化後の変更項目

これから手続きする項目一覧です。ご参考に^^

<必須項目>

・住宅名義

・運転免許証

・生命保険

・電気・ガス・水道

・NTT

・車名義

・車両保険

・会社・健康保険証

・金融機関

・クレジットカード

 

<その他>

・家のポスト名義

・パスポート ※戸籍謄本必要

・実印作成

 

同じ苗字になったので、夫婦になったんだと再実感^^ 私はホクホクしてますが、旦那さんは旧姓の日本名を気に入ってたので、ちょっと残念そう 笑

中国人は自由に日本名を付けられるそうですが、韓国だと一覧から選ぶみたいですね。国によって色々ルールが違うんですね~~

f:id:japantk:20170807152318p:image

カメラマンからアルバム・データが届いたら物凄く高クオリティだった!

f:id:japantk:20170729092600j:plain

前回、カメラマン早川氏のご紹介をさせていただき、ご好評をいただきました。ブログを見てご依頼された方がいらっしゃると聞いて、大変嬉しく思います。

期待は裏切らないはずですよ!そしてまたもや期待以上の出来事がありましたので、続編を書かしていただきます。

 

japantk.hatenablog.com

 

 フォトアルバム到着!!予想以上の高品質クオリティ☆

 こういったフォトアルバムは初めて手にとりますが、結婚式に相応しい重厚感ちゃんとあります。私の主観で良いとこを挙げてみました。

 ・厚手の表紙とクリアケース付きで長期保存◎

  ・フラットな見開きで中央部分も綺麗に写ってる!

 ・丁寧なデータ編集 ※写真を見て伝わります!!

 ・1日の流れに沿ったストーリー性ある構成

 ・コンパクトサイズで持ち運び◎友達にも見せやすい!

 

到着からアルバムの一部を掲載します★

f:id:japantk:20170727091355j:plain

f:id:japantk:20170727091552j:plain

なんとA4サイズの写真立てが同封されていました!共通の友人からの直接紹介だったとのことでいただきました!

 

f:id:japantk:20170727091418j:plain

f:id:japantk:20170727091428j:plain

f:id:japantk:20170727091437j:plain

かなりページ数あります!しっとりマットな質感で手触りも良いです^^

 

f:id:japantk:20170727091448j:plain

f:id:japantk:20170727091458j:plain

2ページ分の集合写真!迫力ありますよ~!

 

f:id:japantk:20170727091509j:plain

f:id:japantk:20170727091519j:plain

f:id:japantk:20170727091532j:plain

f:id:japantk:20170727091543j:plain

 アルバムといえば卒業アルバムみたいな大きいイメージがありましたが、このサイズでもページ数が結構あるので見ごたえ十分です。大きいと一度しまったら出さなくなっちゃうかもしれないので、このくらいの方がお手軽で見やすいかも♪

 

たっぷり容量1400枚!!データDVDも同封

f:id:japantk:20170727191413j:image

 結婚式終了後、すぐにでも写真は見たいですよね。結婚式後に、修正データ355枚をメールでいただきました。それだけでも結構なボリュームでしたが、今回撮影写真全てDVDでいただきました。初めて見る写真も多く、見ごたえ十分です。

私は親族用にオリジナルでフォトアルバムを作成したので、データで頂けるのは助かりましたし、早川さんからのアルバム構成を真似て作りました^^

 

最後まで丁寧な心配り

 早川さんの良い人っぷりは、前回のブログでも載せさせてもらいましたが、ここでもやはり早川流でてます!笑 ご丁寧に手書きの手紙を添えていただき、ホッコリ気分いただきました^^ 

アルバム納期の調整・ご連絡や、友人紹介とのことでフォトフレームをいただいたり。業者ではないようなサービスをしていただけたと思っています。

 

まとめ

f:id:japantk:20170729094704j:plain

臨場感ある”生きてる写真”を見て、結婚式の緊張や幸せな気分を蘇らせてもらいました。早川さんはFaceBookで撮影写真を掲載されてますが、人の温かさを感じられる作品だと思います。

まさか私、早川マジックにかかっているのか!?笑

いえいえ!きっと作品を見たり、実際にお会いされたらご納得いただけるはずですよ☆私もまた人生の節目や大切な時には、お声掛けさせていただきたいと思っています。

 

一生の大切な思い出を残したい方、心からおすすめします☆

www.junphoto.jp

 

旦那さんが日本人になる!帰化許可後の手続きについて~前編~

法務局より連絡があり、帰化申請が認可されたとのこと!申請から丸1年。ようやくこの日がきました!つつついにっ

旦那さんが日本人になります!!

f:id:japantk:20170724182651j:image

というわけで、認可後の手続きについてご紹介します。

 

 

①法務局より許可通知を受け、後に郵送物が届く

電話で法務局の担当者より認可の連絡があり、2.3日後に下記書類が届きます。 ※法務局の現場によっては順序や内容が若干異なる可能性があります。

 

<書類の中身>

①中国国籍証明書(帰化許可の旨を記載・捺印済み)

予め帰化申請時に大使館発行後、法務局に提出していた書類。中央に帰化許可の記載及び捺印がされています。

f:id:japantk:20170719141741j:plain


帰化許可通知書

f:id:japantk:20170719141644j:plain

 

帰化後の手続きについて

f:id:japantk:20170719141003j:plain

 

②中国大使館へ中国退離手続きを申し出る

六本木にある中国大使館へ行きます。受付は午前中のみなので9時オープン前に行った方が良いそうです。この日は旦那さんと同じように日本国籍取得の人が居て、日本に来て5年目だそうです。そして帰化申請から許可が下りたのも丸1年。やはりそのくらい掛かるんですね。

<中国大使館での退籍手続きの処理>

→国籍証明書に、退籍手続き判子

→パスポート切られる・中国籍退籍判子

f:id:japantk:20170719142044j:plain

f:id:japantk:20170724184047j:image

 

③法務局へ・入国管理局へ必要書類郵送

簡易書留でそれぞれ送ります。現在2週間程度経過中。。その後は法務局より連絡があり、手続き完了に伴い法務局へ行きますが、しばらく経っても連絡がなければ法務局に問い合わせた方が良いそうです。(この手の申請関係は受動的だとどんどん遅くなるため、自ら動いた方が良さそうです^^;)

 今週中にでも法務局に問合せしてみる予定です。

 

今までは在留カード(日本にいる事を認められたカード)を常に持ち歩き、ビザの更新や在留資格に縛られてある程度限定された生活だったと思いますが、もう手ぶらでも逆立ちしても日本人です!!旦那さんの苦労や思いは計り知れないけれど、その点ではホッとしたんではなかろうか…。

国籍が変わるって凄いことだな…。

 

続きは後編でご説明します!!